毛穴の皮脂を取り除くことは本当によい事なのか!?

毛穴の皮脂を取り除くのは当たり前と思っている人も多いと思います。皮脂が原因となり、毛穴が詰まってしまう原因に繋がってしまうと考えがちですが、本当に取り除くことが正しいのでしょうか。

■皮脂の役割

皮脂は、毛穴の内部にある皮脂腺かた肌の表面に分泌されます。皮脂が肌に分泌されることで、肌の上に薄い膜状に広がっていきます。この油膜が、肌の水分の蒸発を防ぐためのフタの役割になります。

顔を殴りあうボクサーは、試合などの時に顔に油を塗りますが、これは、皮膚を滑りやすくすることにより、すり傷や裂傷を防ぐために行っています。同じように、皮脂も肌の一面に人がることにより、肌を傷から守ることができます。

また、肌の表面には、常在菌と呼ばれている善玉菌が住んでいます。この常在菌は、皮脂をエネルギーの源にしています。常在菌が皮脂を分解することにより、肌の表面は弱酸性となります。

皮脂の分泌量が少なくなってしまうことにより、肌のトラブルを招いてしまうといわれています。

洗顔などで必要な皮脂まで落としてしまうことにより、肌に悪影響を及ぼしてしまいますので、何よりも肌を守るために正しいケアを行っていく必要があります。

皮脂が過剰になるとテカりなどの原因となってしまいますが、肌を守ってくれているものなので、必要以上に落とす必要はありません。

皮脂の分泌が低下してしまい、肌のトラブルを招いてしまう場合には、肌を弱酸性に保つことができる商品で肌を守っていく必要があります。

オイルなどを使うことにより、肌を守ることができますが、注意点としては、成分の確認をきちんと行うことが重要なポイントになります。

リメリーの成分を徹底調査!副作用や安全性は!?

必要でないときれいに落として皮脂が、肌にとって重要な役割をしているということが理解できれば、必要以上に皮脂を落とす必要もなく、肌への負担も減少することができます。

肌を守っていくためには、正しい知識が必要となりますが、何よりも必要なので、皮脂が分泌するようになっているということをきちんと頭に入れておいてくださいね。

このブログ記事について

このページは、77が2014年5月15日 11:04に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「30代からが本当の勝負です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10